価値の高い庭の魅力

芝張りは水はけの良い下地が大切

芝が張ってある庭は美しく住宅も優雅に見えるため価値が高まり、多くの人が憧れる人気の庭です。芝のある庭を造りたい場合は芝張りをする事が必要で、正しく芝を張る事で長期に渡って芝生を楽しむ事が可能です。知識もなく芝張りを行なうと芝が枯れてしまったり雑草に変わってしまう事も多いため、正しい方法で芝張りを行なう事が重要です。芝張りで大切なのは芝を張る下地を水はけの良い状態にする事で、目の粗い砂を敷き詰める事で庭の水はけが良くなり芝生が良く育ちます。芝を張る下地の砂は厚めに敷く事が大切で、厚めに敷き詰める事によって芝の根が深くまで伸び夏の時期でも枯れる事なく美しさを維持する事が可能です。芝張りは大変な作業ですから数人で行なうと楽です。

初心者は高麗芝がお薦め

水はけの良い下地を作ったら下地を平らにする事が必要で、芝生の下地を平らにする事で芝張りが完成した時に綺麗な庭にする事ができます。芝生は後から張り替えると張り替えた部分の色が変わってしまうため、最初に綺麗に平らにしておく事が大切です。芝生は高麗芝と洋芝があり高麗芝は手入れが簡単で価格も安い傾向があり、洋芝はゴルフ場にも使用される綺麗な芝で冬でも枯れないのが特徴です。芝を張るのが初めての人は高麗芝を張るとメンテナンスが楽で、長期に渡って芝生を楽しむ事ができます。芝生を張り終えたら最初の一ヶ月は多く水を撒く事が重要で、芝生の根が張り付くまでは慎重に管理する事が重要です。芝生は一度根付いたら枯れる事は少ないため安心です。